yurufuwatty.com

Amway(アムウェイ) 体験談1【リスク&コスト】

2019/09/16
 
アムウェイ 体験談
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆる~くふわっと気になったニュース、好きな趣味なんかをブログで書いたりします。

初めにこの記事について

この記事は下記のような疑問を対象にしています。

  • アムウェイって儲かるの?
  • コストかかるの?(経費は?)
  • アムウェイのビジネスの裏側は?

 

このような悩み、疑問を持っている方に向けて、今回はAmway(アムウェイ)のビジネスついて解説していこうと思います。

また、当記事では実際のアムウェイのビジネス経験をもとに、事実をあげて内側の部分を説明、解説しています。

※特有の用語には基本的に説明が書かれたリンクをつけているので分からない場合はそちらを参考にしてください。

※当記事は実際の体験及び経験から書いているものであり、Amway等を批判するものではありません。

アムウェイ 魅力、きっかけ

 

まず、前提としてアムウェイのどこに魅力を感じてビジネスをスタートしているのかを話したいと思います。

アムウェイビジネスの魅力

  • 権利収入が手に入る(儲かる)
  • リスクなし、コスト0で始められる
  • 人脈が増える
  • 副業として取り組める

とこのような魅力的な部分を、勧誘やミーティング等のプレゼンテーションで強調するため、ビジネスを始める理由は主にこのような魅力だと思います。

確かに、副業として気軽にリスク、コストなしで人脈も増え本当に儲かるのであれば、やらない理由が逆に少ないくらいですよね(笑)

特に「権利収入」という言葉を特に強調しており、一度築けば何もしなくても権利的にお金が入り続けるシステムで、初めて聞く方には特に魅力的に感じると思われます。

また、アムウェイという会社はD&B(Dun&Bradstreet)という世界中で最も利用されている海外企業情報・調査サービスの会社から最も高い5A-1という評価を受けている会社であるため安全性と信頼性が高く、怪しいものではないと安心して始める方も多いと思います。

 

アムウェイ コスト&リスク

ニュースキン 真実

勧誘やセミナーなどのプレゼンテーションでは、アムウェイはコストがかからず、リスクもなく誰でも気軽に始めることができるとはなされていました。

しかし、実際ビジネスを始めたときに本当にコスト及びリスクがないのかについて事実を記載したいと思います。

※実際の私自身のアムウェイ体験からまとめています

コスト

まず、コストですが結論からいうと結構かかります…

しかし、ビジネスを始めて実際かかるコストは(初月)

 

ビジネスを始めて実際かかるコストは(初月)
  • ディストリビューター登録:  3,600円(年会費)
  • イベント代:        約10,000円(グループで異なる)
  • ミーティング代:      約5,000円(グループで異なる/月)
  • 製品購入代:        約10,000円~(個人,グループで異なる)

 

実際の私自身の経験から、アムウェイビジネスを取り組むにあたって初月でかかるのは約30,000円ほどだと思います。

もちろん、人によっては初月は登録だけで3,600円の方から、最初のボーナス達成(3%)のために製品を購入のみで42,000円以上使用する方など様々だと思います。


登録料と製品代以外がよくわからない方が多いと思うので各々説明していこうと思います。

ディストリビューター登録費用に関しては時期等で変動があり0円の場合もあります。

 

イベント代

アムウェイ

グループによって異なりはしますが、アムウェイは特にイベントが多いので毎月コストとしてある程度はかかってきます。

行かなければいいじゃん!』と思う方も多くいると思いますが、イベントはピンを取っている方(上位会員)が開催することが多く、「ビジネスのサポート」や、「可愛がってもらう」ためには参加は必要不可欠になってきます。

一回当たりの参加料金は比較的に低いですが、交通費や持ち込み品の代金など考慮すると毎月10,000円は超え無視できない額にはなるかと思います。

 

ミーティング代

アムウェイ ミーティング

アムウェイでは毎月様々なミーティングが行われており、イベントと同じ理由かつイベント以上に参加が必要不可欠になってきます。

ミーティングはアムウェイの会社、ビジネス、製品の知識だけでなくビジネスの考え方からインプットする場であるためビジネスをしている人にはかなり重要になってきます。

また、アムウェイをやめる人を減らすためにも重要なものになってきます。

初月で5,000円と記載しましたが、ビジネスとしていくと参加するミーティングの数は増えるのでもっとかかるかと思います。

ミーティングの紹介は別の記事でまとめているのでそちらを参考にしてください。

Amway(アムウェイ)ミーティング内容【説明、解説】はこちら

 

製品購入代

アムウェイ 製品

『アムウェイをビジネスとして行う」、つまり「アムウェイ製品の流通を起こす」ためには、自分が製品を実際使用して知る体験することが必要不可欠かと思います。

まずは、普段の日用品(洗剤、調味料…)や売り上げtopのサプリメントなど無理のない範囲の10,000円くらいを購入するのを勧められると思います。

これはグループによって異なり、一番下の3%ボーナスを達成のために42,000円以上の購入を勧められたり、最初から大型製品(空気清浄機、浄水器、鍋)の購入を勧められ100,000円以上購入など様々あると思ます。

まあ、アムウェイビジネスを行っていくにあたって遅かれ早かれ大型製品の購入は絶対に勧められます。私もグループの方にしつこく大型製品は借入しても購入するように勧められました。購入しませんでしたが…

また、私のグループや周りのグループを見たところ大体一人当たり毎月30,000~50,000円ほど製品を購入していました。

 

 

リスク

リスクに関して考えられるのは

  • 友達が離れる
  • 借金を抱える
  • 鬱になる可能性がある

 

これは本当に一人一人異なりますし、あくまでも考えられる可能性としてのリスクです。私の場合は少し友達が離れてしまったくらいですみました…

世間でのイメージが悪いという事実があるビジネスに友達を勧誘するので、「友達が離れる」のはごく普通の事かと思います。また、離れた友達のことを「本当のともだちじゃなかったんだよ」平気で言ってくるビジネスの人もいるので注意が必要です。

 

また、ビジネスに取り組みピンレベルを達成していくには当然売り上げをあげていかなくてはならず、自分での買い込みが始まり気づいたら借金というケースを結構見かけたのでリスクとして考えた方がいいと思います。

また、コストのところでも触れたのですが、大型製品を『借り入れ(借金)してでも購入した方がいい」と平然と言ってくるため、借金を抱える人が多いと思います。これは実際に私が他のメンバーがしているのを見ているのと、何度も言われた経験があるので事実です。

 

鬱になるのは人によりけりですが、副業で行う場合、会社終わりにアムウェイに取り組み、友達も離れ、売り上げ達成のアップラインからのプレッシャーもあるので、それなりにメンタルが持ってかれると思います。

また、ここに借金を抱えてアップに相談しても、ろくな回答は返ってきませんし、ここまでくると友達にも中々相談できなくなると思うのでかなりきついと思います。

 

アムウェイ まとめ

アムウェイ リスク

アムウェイビジネスのコスト&リスクについて解説しましたがいかがだったでしょうか?

実際の経験から事実を書かせていただいたのでビジネスの内側が伝わったのではないかと思います。

事前にこういった内側の事実を知っていれば、勧誘の際に言われる「リスクないしコストもかからずデメリットがない」という言葉に惑わされないと思います。

この記事を見て一人でも嫌な思いをする方が少しでも減ればと思います。

 

また、アムウェイをやる、やらないの選択は個人の自由ですが、「会社、製品が良いという」事実の反面、「世間のイメージが悪い、買い込みがある、違法な勧誘がある、Amazon楽天等で安く買える」ことも事実であることを忘れないでください。

ネットワークビジネス業界の他の会社でも大枠は同じかと思いますが異なるところもあるので今回はアムウェイについてまとめさせていただきました。

ビジネス体験談以外にも勧誘やミーティングの内側等もきじでまとめているので、気になる方や、マルチ商法の勧誘に困っている方は是非見てみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆる~くふわっと気になったニュース、好きな趣味なんかをブログで書いたりします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ゆるふわブログ , 2019 All Rights Reserved.