yurufuwatty.com

【驚愕】「あなたの○○がハッキングされている」内閣サイバーがSNS拡散で○○を呼びかけ

2019/05/03
 
ハッキング
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆる~くふわっと気になったニュース、好きな趣味なんかをブログで書いたりします。

内閣サイバーセキュリティセンターTwitterで異例の呼びかけをした。

「ニュージーランド、及びスリランカのテロ事件」を受けて、事件発生時のSNSでの情報拡散は、

攻撃者にとって恐怖と悪名の拡散の状況と自分たちの行いを認知することができてしまうため、今回異例の呼びかけをSNS上で内閣サイバーセキュリティセンターは発表した。

 

内閣サイバーセキュリティセンターの呼びかけ

「みなさんの感情がハッキングされていることになる」

内閣サイバーセキュリティセンターが4月25日、事件発生時にSNSでの情報拡散をしないよう、Twitterで異例の呼びかけをした。

 

これはニュージーランドやスリランカで起きたテロ事件で、銃撃犯が犯行の様子をFacebookで動画中継したり、犯行グループがSNSを通じて大衆を扇動したりしていたからだ。これにより情報が無限に広がっていき犯行グループの狙い通りの恐怖と悪名の拡散が、私たちの感情のハッキングへとつながってしまうのだ。

また、このような事件の2次災害として誤った情報の拡散が行われないよう「国、宗教、思想、人種を分断し互いに攻撃し合うように仕向ける投稿が行われています」とツイートをしている。

 

 

「我々が拡散しなければ、少なくとも情報面では、こういった攻撃を弱めることができます」と、犯行グループの狙い通りの恐怖と悪名のための情報拡散に加担しないよう求めた。

そして最後に、「SNSやネットを恐怖と悪名の拡散の場にせず、楽しいこと、幸せなこと、ほっこりすることで満たせるように、ぜひご協力ください」と文章を添えてお願いした

 

 

ネットの反応は

 

 

というように、ネット上では「政府が国民に対してしっかりと対応するべき」や「政府が正式な情報を拡散すべき」など政府として動いてほしいという声が多いようです。

 

まとめ

実際に、銃乱射事件が起きたニュージーランドでは、SNS企業に対してテロ対策を求める動きが進んでいる。

アーダーン首相は4月24日、フランスと協力し、SNS上からテロリスト集団による情報発信を撲滅するよう企業側に求める方針を示した。

すでにFacebookのマーク・ザッカバーグ代表など、複数の企業幹部と話をしているという。

アーダーン首相は声明の中で、「3月15日のテロ攻撃で、SNSがテロ行為と憎悪を拡散・助長するツールとして異例の形で使われた。SNSが二度と同じような形で悪用されないよう、企業にリーダーシップを示すよう求めていく」と強調した。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆる~くふわっと気になったニュース、好きな趣味なんかをブログで書いたりします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ゆるふわブログ , 2019 All Rights Reserved.