yurufuwatty.com

メーガン妃&ヘンリー王子 異例づくしの出産でアフリカへ移住も…

2019/05/14
 
メーガン妃&ヘンリー王子
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆる~くふわっと気になったニュース、好きな趣味なんかをブログで書いたりします。

5月6日の「メーガン妃&ヘンリー王子の第一子誕生」についてニュースでも話題になっていますね。

イギリスではもちろん祝福ムードになっていますが、その一方でメーガン妃&ヘンリー王子のアフリカ移住が噂されています。

今回はその「メーガン妃&ヘンリー王子のアフリカ移住」について「イギリス王室の関係」や「なぜアフリカなのか?」「第一子誕生について」をまとめていきたいと思います。

国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

メーガン妃&ヘンリー王子の第一子誕生

5月6日午前5時26分、メーガン妃とヘンリー王子に約3260gの男児が誕生したことが公式インスタグラムで発表されました。

CNNによると

ロンドン(CNN) 英バッキンガム宮殿は、ヘンリー王子の妻メーガン妃が6日早朝に出産し、夫妻の第1子となる男児が誕生したと発表した。

発表によると、午前5時26分に体重約3260グラムの男児が誕生した。出産の場所は公表されていないが、ヘンリー王子も立ち会ったという。

王子は記者団に「母子ともにとても元気だ」と報告。出産という女性の偉業は想像を絶するとしたうえで「私たちは2人とも大変感激し、皆さんの愛と支援に感謝しています」と述べた。

 

人気ホテルが最大50%OFF!

異例づくしの出産

「メーガン妃&ヘンリー王子の第一子誕生」で英国中お祝いムードとなっているのだが、この出産劇はイギリス王室としては異例づくしのものとなった。

婚約当初から良くも悪くもイギリス王室の伝統に縛られないロイヤルカップルであるヘンリー王子とメーガン妃夫妻だが、

今回の出産に関してもイギリス大室の伝統とは異なった異例づくしのものとなりいたるところで話題となっている。

異例の内容
  • アシスタント4人が辞めている
  • ジュエリーの貸出禁止
  • イギリス王室伝統の病院を使用せず
  • 出産情報の非公開
  • アフリカ移住?

今回の出産までにあたって、今までアシスタントが過去に例がないくスピードでやめていることや、エリザベス女王が王室所有のジュエリーをメーガン妃に貸し出しを禁止したことなどが異例として話題となりました。

そして今回の出産では、「出産をプライベートなものにしたい」ということでイギリス王室御用達の「セント・メアリー病院」を使用しなかったこと。

また、イギリス王室恒例の、すぐのお披露目もなく、お披露目どころか写真も公開されずインスタグラムでの発表となった。ちなみにキャサリン妃の長男、ルイ王子のお披露目は出産からわずか7時間後だった。

そして、アフリカ移住まで浮上している。

 

メーガン妃&ヘンリー王子アフリカ移住

フロッグモアコテージに引っ越したばかりで第一子が誕生したヘンリー王子とメーガン妃が、なんとアフリカへの移住を検討しているという報道も浮上している。

当初この報道は信憑性に欠けると言われていたが、イギリス王室がこの報道に対して反応を示したことにより信憑性が高まった。

イギリス王室の反応

「英国王室はコモンウェルスの若者たちに対する彼らの魅力を最大限に活用し、ウィリアム王子夫妻との距離を置く方法として、ヘンリー王子とメーガン妃をアフリカに送ることを検討しているという報道を否定していない」

『ヘンリー王子とメーガン妃に関する将来のプランは現時点ではすべて推測に過ぎない。王子と妃の今後の役割については何も決まっていない』」

イギリス王室が否定してないことから可能性が高いと話題になっている。

 

アフリカ移住の理由は…

ヘンリー王子とメーガン妃のアフリカ移住の理由として挙げられているのが、

  • メーガン妃とキャサリン妃との不仲説
  • ウィリアム王子とヘンリー王子との不仲説

の2つがあげられている。

英国在住の国際ジャーナリストによると、メーガン妃へのレイシズムやマタニティー・ハラスメント(マタハラ)が止まず、ウィリアム王子の妻キャサリン妃(37)との不仲説も報じられる中、冷却期間を置くのが第一の狙いとの事。

ウィリアム王子とヘンリー王子は関しては今まで仲良かったのですが、メーガン妃とキャサリン妃実の関係により

兄弟よりも配偶者の意見を尊重した2人がぶつかってしまったのではないかといわれています。

また、アフリカ移住は冷却期間として以外にも、チャリティーとしてヘンリー王子とメーガン妃に機会を与えようという意味もあるみたいです。

 

移住先はボツワナ共和国…

メーガン妃&ヘンリー王子

ヘンリー王子とメーガン妃のアフリカ移住ですが、「アフリカ南部のボツワナ共和国」が最有力候補といて上がっています。

理由としては、ヘンリー王子がメーガン妃と旅行した思い出の地であり、プロポーズしたという報道も一部であるため「アフリカ南部のボツワナ共和国」の可能性が高いのではないかといわれています。

また、ヘンリー王子は2004年、英名門イートン校を卒業後の「ギャップイヤー」を利用してアフリカ南部の児童養護施設で奉仕活動を行い、2年後に同国でチャリティーを始めており、ヘンリー王子の「第二の故郷」ともいえるからではないでしょうか。

国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

メーガン妃&ヘンリー王子 異例づくしの出産【まとめ】

メーガン妃&ヘンリー王子の異例づくしの出産やアフリカ移住についてまとめてきましたが、

まだ、アフリカ移住については正式に決まったわけではないので今後のニュースが見逃せないですね。

異例や移住と慌ただしく話題になっていますが、第一子が誕生したことは大変おめでたいことに変わりないので、

第一子誕生を心より祝福したいのと、イギリス王室明るいこれからを願います。

人気ホテルが最大50%OFF
250社の予約サイトから料金を一括比較
お得な宿泊プランをご案内
www.trivago.jp

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆる~くふわっと気になったニュース、好きな趣味なんかをブログで書いたりします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ゆるふわブログ , 2019 All Rights Reserved.